アニメ

テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編の登場人物

主人公、竈門炭治郎の周辺には、個性豊かな、それでいて気のいい仲間たちが多前出てきます。

話の展開に合わせて、それぞれ、ご紹介します。

 

話の進みに合わせて、登場人物のエピソードを更新していきます。

 

コミックなどを見てないので、詳しいエピソードは知りませんが、アニメ内での印象や出来事からキャラをご紹介しています。

 

【鬼滅の刃】テレビアニメ『竈門炭治郎立志編』の登場人物をご紹介します。

 

『竈門炭治郎立志編』第一話『残酷』

炭治郎が山に戻ると、家族が鬼に食われていた。

唯一、息があった妹禰豆子は鬼になってしまい。

炭治郎は、禰豆子に襲われたが…。

炭治郎の言葉禰豆子に届き、禰豆子は涙を流した。

 

そこに鬼殺隊の剣士、富岡義勇が駆けつけ、鬼の禰豆子を切ろうとするが…。

鬼の禰豆子が炭治郎を守ろうする姿を見て考えを変える。

 

竈門 炭治郎(かまど たんじろう)/CV.花江夏樹

誕生日7月14日・15歳

身長165センチ、体重61kg

 

竈門家の長男、6兄弟の長男

 

家族思いの優しい少年。

炭を売って暮らしている。

 

並外れた嗅覚を持ち人や動物、鬼の感情までも、匂いで嗅ぎ分ける。

 

頭が異常に固く、頭突きを得意技にしている。

 

ある日町に炭を売ってから家に帰ると、家族が人食い鬼に襲われ絶命していた。

唯一、妹の禰豆子(ねずこ)だけが助かったが…。

 

禰豆子は鬼の血を傷口に浴び、鬼になってしまう。

 

そして、妹を人間に戻すため、家族の仇を討つために、鬼殺隊に入隊し家族を襲った鬼を探している。

 

 

 

竈門 禰豆子(かまど ねずこ)/CV.鬼頭明里

誕生日:12月28日・14歳

身長153センチ、体重45kg

 

竈門家の長女、兄弟思いの優しい姉。

 

家族が襲われたときに傷口に鬼の血を浴び鬼化してしまうが、炭治郎の「禰豆子、鬼なんかになるな、頑張れ!」の必死の叫びを聞き入れ涙を流す。

 

鬼になってしまった禰豆子は、身体を大きくしたり、小さくしたりすることができる。

 

また、炭治郎を守るために、鬼と戦うが戦うたびに鬼として戦闘能力が向上している。

 

 

 

冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)/CV.櫻井孝宏

鬼殺の剣士であり最上級の階級である水柱

 

鬼に対して激しい怒りを持っている。

 

炭治郎の鬼に対する甘い考えを、激しい言葉で叱りつけるが、本心は炭治郎の辛さを理解し、この先生きていくための方向性を与えた。

 

炭治郎の言葉と禰豆子が炭治郎を守ろうした姿を見て、この二人は、どこかが違うと考えを変える柔軟性がある。

 

炭治郎に鬼殺隊の育てである鱗滝左近次を、訪ねるように伝えた。

 

 

 

竈門炭治郎立志編・第二話『育手・鱗滝左近次』

 

鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)/CV.大塚芳忠

江戸時代に鬼殺隊の柱として活躍し、現在は鬼殺隊の候補を鍛える「育手」として狭霧山で暮らしている。

現在の正確な年齢はわからないが、70歳前後だと思われる。

 

炭治郎と同じように、人や動物、鬼などの感情の流れを匂いで嗅ぎ分ける能力を持っている。

普段から天狗の面をつけて暮らしているが、やさしい顔立ちを隠すためだと言われている。

これまでに、最終選別に送り出した13人の子どもたちが、鱗滝が囚えた「手鬼」にやられて、帰らぬ人となっていた。

 

 

竈門炭治郎立志編・第三話『錆兎(さびと)と真菰(まこも)』

錆兎(さびと)

 

真菰(まこも)

 

竈門炭治郎立志編・第四話『最終選別』

 

案内役・白髪

 

案内役・黒髪

広告

-アニメ

© 2022 GGJ Powered by AFFINGER5