アニメ 映画

『東京卍リベンジャーズ』実写映画は、俳優陣に高評価!口コミ多数!

この夏話題の劇場版『東京卍リベンジャーズ』が、2021.07.09から劇場公開されています。

実写映画ってどうなのって言う人もいるけど、この映画関しては俳優が良かったという口コミが多かったのでご紹介しますね。

この映画個人的には、原作(特にアニメ)を見てから、映画を観るのをお勧めします。
ここでなら余計なお金をかけずにアニメもコミックも見れるのでお勧めです。

映画を観た人の感想

■正直思ったよりずっと完成度が高かったようで特に俳優が良かったと言っている人が多かったのでなおさら原作アニメとを見たうえで比較してもらえると数倍楽しめる思います。
■ヤンキーのトップを演じる吉沢亮とか、1人だけ陰りがある磯村勇斗とか、この世代には相変わらず優れたタレントがひしめいている
■2021年4月11日からテレビアニメが放送されると原作マンガの部数が一気に跳ね上がりブーム的な広がりを見せています。
■若手の旬な豪華俳優を集めていて、特に山田裕貴と眞栄田郷敦の2人は、過去の映画では感じられなかったほど非常に存在感を放っていたり、「今日から俺は!!」でヤンキー役が板についていて存在感もある磯村勇斗と鈴木伸之が本作でも登場し重要な役柄を演じていたりと、まさに適材適所なキャスティングでした。
■カギとなるセリフやシーン等、上手く選択がなされ、一本の映画として完成しています。
■北村匠海は叫ぶシーンで声がよく通る。歌が上手いだけある。
吉沢亮と山田裕貴の組み合わせは良かったな。
磯村勇斗と杉野遥亮はそれぞれ安定感のあゆハマり役。
■登場人物それぞれが原作キャラにあっていて、きちんと原作をリスペクトしてるなと感じました。
■集会シーンがカッコ良かった吉沢亮はいいね。ドラケンは完璧なドラケンで武道の北村は主役をよくこなしていた。

ドラケン断髪式

まとめ

実写版映画って賛否が分かれることがあるけど、この映画はおおむね俳優が良かったと言っているので、そんな人達ってやっぱり原作を見ているんだよね。

なのでやっぱり原作を見てから見る方がより楽しめるかなって思います。

原作アニメ・コミックを見るならコチラ!

広告

-アニメ, 映画

© 2022 GGJ Powered by AFFINGER5