ライフハック

お雛様は誰が買うべき?|今でも母方の両親なの?

コンパクトなお雛様

お雛様は、嫁入り道具の一つと言われた時代がありました。

しかし、これも地域や風習によるもので、こうしなくてはならないというものではなかったそうです。

ただ、一般的に母型の両親が用意することが多く。

その理由は、当時の嫁は夫の実家に入ることが多く、娘を嫁に出した両親が孫に会うのも簡単ではなかったため、お祝い物を送ることで孫の様子を見に行ったということらしいです。

ただこう言った風習も生活環境の変化から、変わってきているので、ここでは、最近の事例をご紹介します。

ここでは、次のような事例をご紹介します。

 

 

最近のお雛様の購入事例

■母方の両親が買う
■両家の両親が費用負担して、お孫さんの親が選ぶケース
■子供両親が自分たちで購入

■母方の両親が買う

やはり今でもケースとしては多いようですが、お金は両親が出すけど、人形はお孫さんの親が選ぶケースがもっとも多いようです。

住宅事情などもあり、想定外のものを送られても困りますからね。

 

■両家の両親が費用負担して、お孫さんの親が選ぶケース

・お雛様は母方・五月人形は父方の両親が購入
・お人形は母方、ひな祭りの料理一式は父方
・費用の一切を分担

 

■自分たちで購入

お洒落で昔の人が見ると、「なにそれ」なんて言われそうな、かわいらしい小さめのお雛様を、親を頼らずに用意するケースが増えているようです。

いずれにしても、昔と違い住宅事情が厳しい時代ですから、ご両親が勝手に用意するって言うことは、少ないようです。

 

最近人気のお雛様

小さくてかわいいものが人気のようです。

■ちょっと高価だけど、作りもしっかりしていて可愛いですね。

 

 

■積木風の可愛い木製お雛様も可愛いですね。

 

 

■コンパクトだけど「三人官女」も「五人囃子」そろていていますね。

 

 

■こちらの木製お雛様もお洒落ですね。

 

 

■ガラス細工のお雛様 リビングに似合いそうですね。

 

 

■どこにでも似合いそうな、可愛らしいお雛様。

 

 

お雛様を購入する際の注意点

お雛様を購入する時、誰でも考えるのが置き場所ですが、それだけではありません。

お雛様を毎年買い替える人も、いないと思いますので、保管する場所、処分する時のことも考えておく必要があります。

■お雛様の置き場所
■お雛様の保管
■お雛様の処分

 

 

お雛様の置き場所

お雛様の置き場所は、床の間のある家の中で最も神聖な場所に飾ると言われていましたが…。

最近の住宅事情は、床の間がない家も増えています。
なので、今ではあまり気にせずに、和室、リビング、寝室、玄関などに飾ることが増えています。

ただ、お勧めできない場所もあるので、こちらは別記事でご紹介します。

お雛様の置き場所と飾ってはいけないところ・保管についてを解説!

 

■お雛様の保管

段飾りなどの大きなお雛様は、ばらして小さくまとめて保管しますが、それでも結構大きな荷物になります。

また、段飾りでなくてもガラスのケースに入っているものも多く、結構な大きさになります。

昨今の住宅は、床の間もなく、押し入れすら小さく少なくなっているので、この保管に大変苦労します。

なので、保管スペースも十分検討したうえで購入してください。

 

■お雛様の処分

人形供養を行う、もしくは施設などに寄付するケースが多いようですが、由緒あるお雛様はを購入してくれる業者もありますので、一度ご相談されてみるのもありかも知れないですね。

一般的なお雛様は、リサイクルセンターなどでも、購入sてくれないケースが大半ですから、処分する方法なども購入店で確認しておくことをおすすめします。

 

 

まとめ

お雛様は、誰が購入するべきかを、まとめてみました。

 

その昔お雛様は、嫁入り道具の一つと考えられていたという話もありますが、それは先祖代々受け継ぐような由緒ある人形だったのではないかと思います。

言い換えると、今の時代には合わない。

 

なので、今は特に決まりはなく、ご家族でよく相談したうえで、購入されるというのが合理的な方法だと思います。

 

また、お雛様の置き場所は、決めたけど保管場所は考えてなかったなんてことにならないようにしてください。

今では、トランクルームなどのサービスもあるので、そちらを利用されるケースも多いようです。

トランクルームのサービスも、温度や湿度が調整され人形保管場所としては自宅より良い環境が得られることもあるので、おすすめです。

広告

-ライフハック
-,

© 2022 GGJ Powered by AFFINGER5