ライフハック

光化学スモッグ注意報が発令されたら、何をすればいいのか?調べてみました。

毎年夏になると注意が必要になる光化学スモッグですが、
コロナの陰に隠れてしまい、うっかりしがちなので
注意報が出た時、なにをすべきかをわかりやすくまとめてみました。

 

光化学スモッグとは

光化学スモッグは、工場や自動車から排出されるスモッグ(煙が空に立ち込め、
雲や霧のようになったもの)に、太陽光があたり化学反応をおこし身体に有害な成分になりその場にとどまります。

光化学スモッグが発生しやすい日

夏場の日差しと無風状態になると発生しやすくなります。
一般的に最高気温が25℃以上、日中、2時間半以上の日照りがある
夏型の気圧配置(日差しが強く、風がない)になると発生しやすくなります。

ほぼ夏になると注意報がでています。

 

光化学スモッグの注意報

神奈川県の例
<table>
<tbody>
<tr>
<th>情報の区分</th>
<td>内容</td>
<td>緊急時措置</td>
</tr>
<tr>
<th>なし</th>
<td>ただいまは、光化学スモッグに関するお知らせはありません。</td>
<td>緊急時措置なし</td>
</tr>
<tr>
<th>B型</th>
<td>気象条件によって、今日(明日)は、○○地域※に光化学スモッグの発生するおそれがある。</td>
<td>緊急時措置なし</td>
</tr>
<tr>
<th>A型(予報)</th>
<td>今日(明日)は、○○地域※に光化学スモッグの発生するおそれが大きい。</td>
<td>緊急時措置あり</td>
</tr>
<tr>
<th>注意報</th>
<td>現在、○○地域※に光化学スモッグ注意報が発令されている。</td>
<td>緊急時措置あり</td>
</tr>
<tr>
<th>&nbsp;</th>
<td>注意報発令中の地域では、自動車の使用、外出及び学童・生徒の過激な運動を自粛する。</td>
<td>&nbsp;</td>
</tr>
<tr>
<th>警報・重大緊急時警報</th>
<td>現在、○○地域※に光化学スモッグ警報(重大緊急時警報)が発令されている。</td>
<td>緊急時措置あり</td>
</tr>
<tr>
<th>&nbsp;</th>
<td>警報(重大緊急時警報)発令中の地域では、自動車の使用、外出の自粛及び学童・生徒の過激な運動を中止させる。</td>
<td>&nbsp;</td>
</tr>
</tbody>
</table>

 

光化学スモッグの注意情報を取得

地域の自治体から注意報が出るので、情報を正確にキャッチして対応する
注意報や警報は、地域の自治体により違いますが、インターネットや電子メール受け取ることができます。

 

光化学スモッグによる健康被害の症状

(1) 目の症状(目がチカチカする、目が痛い、涙が出る等)

 

(2) 呼吸器の症状(喉が痛い、せきが出る、息苦しい等)

(3) その他の症状(吐き気、頭痛等)

被害は主に屋外で発生します。
多くの場合は、一過性で比較的敬称ですが、運動中には症状が重くなることもあります。

 

目や喉の痛みなど健康被害の症状が出た時の対処

(1) 屋内に移動して、目を洗いうがいをする

(2) 手足のしびれや、呼吸困難、失神などがあったラすぐに、医師の手当てを受ける

(3) 目の病気、呼吸器の病気、甲状腺機能の病気、アレルギー性体質の子供は健康被害を受けやすいので、早めに医師の手当てを受ける

 

光化学スモッグが発生(注意報が出た時)したとき対処

子供たちに県央被害がでやすいので、次のことをおこなってください。

(1) 病弱な子供、当日体の調子が悪い子供は屋内で休ませる。

(2) 過激な運動はなるべくやめる。

(3) なるべく窓を閉めてください。

※)今はコロナ対策換気している場合は、換気を優先してください。
コロナの方が、怖い病気です。

まとめ

コロナ程脅威に感じる必要はありませんが、

幼い子供に、重たい被害がでることもあるので、
被害を最小限にするために何をしたらいいのかをまとめておきました。

差ほど難しい事ではありませんが、コロナ渦でうっかりしがちなので
スマホなどの端末に次の部分だけでもメモしておくといいでしょう。

光化学スモッグによる健康被害の症状

(1) 目の症状(目がチカチカする、目が痛い、涙が出る等)

(2) 呼吸器の症状(喉が痛い、せきが出る、息苦しい等)

(3) その他の症状(吐き気、頭痛等)

被害は主に屋外で発生します。
多くの場合は、一過性で比較的軽傷ですが、運動中には症状が重くなることもあります。

 

目や喉の痛みなど健康被害の症状が出た時の対処

(1) 屋内に移動して、目を洗いうがいをする

(2) 手足のしびれや、呼吸困難、失神などがあったラすぐに、医師の手当てを受ける

(3) 目の病気、呼吸器の病気、甲状腺機能の病気、アレルギー性体質の子供は健康被害を受けやすいので、早めに医師の手当てを受ける

 

光化学スモッグが発生(注意報が出た時)したとき対処

子供たちに県央被害がでやすいので、次のことをおこなってください。

(1) 病弱な子供、当日体の調子が悪い子供は屋内で休ませる。

(2) 過激な運動はなるべくやめる。

(3) なるべく窓を閉めてください。

関連記事

台風の名前は,誰がどうやってつけるのか?

大雨被害を回避する【キキクル】の使い方と通知の受け取り方を解説!

大雨災害を回避するための3つの情報源を説明!【キキクル】他

 

広告

-ライフハック
-, ,

© 2022 GGJ Powered by AFFINGER5