ライフハック

Google セキュリティ診断で、アカウント乗っ取り被害を防ぐ!

Googleから、次のメールが届くことがありあます。

・「再設定用のメールアドレスの確認」
・「再設定用の電話番号の確認」
・「セキュリティ通知」
・「重大なセキュリティ通知」

これらは、アカウントの保護を目的に、Googleから届けられるものです。

適切に処理することで、アカウントはより安全に保護されます。

また、これらのセキュリティの状況は、簡単に確認することができるので、この記事では「セキュリティ診断」ページの見方を説明します。

 

「セキュリティ診断」の確認手順

 

1.Googleにログインし、Googleクロムを開きます。

① アカウントアイコンをクリック

② 「Googleアカウントを管理」をクリックします。

2.アカウント管理ページが開く

アカウントを保護をクリック

セキュリティに問題または提案があると、鍵マークの脇の緑の『✔マーク』部分が黄色の『!』マークになります。

 

 

3.アカウント診断ページが開きます

☑お使いのデバイス

☑最近のセキュリティ関連のアクティビティ(動き)

☑ログインと再設定

☑サードパーティによるアクセス

☑保存したパスワード

これらを順に確認することでセキュリティの状態を確認できます。

次の画像のように、全ての項目に『緑色の✔マーク』がついている場合は、問題や提案がない、セキュリティは正常な状態です。

 

4.お使いのデバイスをクリック

ログインしているデバイスを確認することができます。
心当たりがないデバイスがある場合は、パスワードが漏洩している可能性があるので、速やかにパスワードを変更しましょう。

 

 

5.最近のセキュリティ関連のアクティビティをクリック

通常とは違うアクティビティが検知されると通知が届きます。

 

6.ログインと再設定をクリック

再設定用の電話番号・メールアドレスが確認できます。
セキュリティ通知が届きます。

また、登録がないとパスワード変更。アカウントの復元などができなくなります。

 

7.サードパーティーによるアクセスをクリック

アカウントにアクセスを許可したアプリです。

ここに提案(「黄色の『!』マーク」)がありましたが、自分で登録したものだったので問題ありませんでした。

 

8.保存したパスワードをクリック

保存したパスワードが確認できます。
『パスーワードチェックアップに移動』をクリックすると

8-1パスワードチェックアップ画面が開く

パスワード確認をクリック

8-2本人確認

パスワードを入力して本人確認を済ませます。

 

8-3パスワードに対する提案がありました。

■ 同じパスワードをいくつか使っていたので指摘されました。

■ 脆弱なパスワード改善するように指摘されました。

 

ここまでやっても、大きな問題がなければ、5分程度で全部かくにんできます。

問題が起きる前に、定期的にかくにんすることをおすすめします。

 

まとめ

Googleアカウントを保護する『セキュリティ診断』2手順をまとめました。

それほど手間はかからないので、お時間のあるときに「セキュリティ診断」を確認しておくことをおすすめします。

 

Googleアカウントが使い勝手がよく、メールデータを含め色々活用されている方は、定期的に確認しアカントを適切に保護しましょう。

 

 

 

 

広告

-ライフハック

© 2022 GGJ Powered by AFFINGER5